日米株式市場 2008年から2009年

 

リーマンショックです。

 

2008年9月15日にリーマン・ブラザーズが経営破綻し世界同時株安が始まりダウ平均は一日で大きく下落。

 

ダウ平均、SP500、日経平均は10週間ほど下げ続け、その後大きなボラが続いています。

 

その間は買われ、は株式市場と逆相関で大きく値上がりしています。

 

円の動きで気になるのは、リーマンショック発生時には基準通貨であるドルが急激に買われ、その後円高へ向かっているところです。

 

原油は株式市場とほぼ同じ動きとなっています。

 

 

ダウ平均 

f:id:preppjp:20200401154655p:plain

SP500

f:id:preppjp:20200401154715p:plain

 

日経平均

f:id:preppjp:20200401154733p:plain

 

 

USD/JPY

f:id:preppjp:20200401154800p:plain



 

Gold

f:id:preppjp:20200320225921p:plain

原油

f:id:preppjp:20200320230038p:plain

 

-->