日米株式市場 1989年から1992年

 

1989年まで続いた日本のバブル経済は1989年をピークに崩壊。

 

日経平均はピークから底値まで約130週下げ続けています。

 

日本はブラックマンデーの影響を後回しにし、急激な下落ではなく緩やかに落ちている様にも見えます。

 

俗に言う失われた20年、バブル経済崩壊です。

 

しかしその間ダウ平均、SP500は日本の影響を全くと行っていいほど受けず右肩上がりの上げ相場が続いています。

 

そして興味深いことに、は日経平均の下げと相関してか買われ円高へ進んでいます。

 

はダウ平均と逆相関となっています。

 

原油は湾岸戦争の影響を受け一時期大きく価格を上げ、戦争が落ち着いたら値を戻しています。

 

 

ダウ平均

f:id:preppjp:20200401144307p:plain


SP500

f:id:preppjp:20200401144333p:plain

 

日経平均

f:id:preppjp:20200401144357p:plain

 

USD/JPY

f:id:preppjp:20200321113106p:plain

 

Gold

f:id:preppjp:20200321113846p:plain

原油

f:id:preppjp:20200321114251p:plain



 

-->