日米株式市場 1950年から2020年の70年間

 

1950年1月から2020年3月までの約70年間のダウ平均、SP500、日経平均、USD/JPY、金、原油のチャートを比較してみましょう。

 

ダウ平均とSP500は市場が同じこともありほぼ一致しています。

 

日経平均とダウ平均は一致とまでは言わないものの概ね同じ動きに見えますが、日経平均はバブル経済崩壊からまだ立ち直っていないように見えます。

 

は1973年まで続いた固定相場からそれ以降の変動相場へと大きな動きがあり、1995年頃まで円高へ動いています。

 

その後を見ると株価に合わせ上下しながら100円前後で安定しているようです。

 

はダウ平均と逆相関となっています。

 

年単位でみると関係が見えない年もありますが長期で見るときれいな逆相関です。

 

株価の動きと金価格の動きには多少のズレが見られます。

 

原油は上下が激しくて分かりづらいですが、ダウ平均と相関しつつも、オイルショックや国際情勢で変動しているようです。

 

 

ダウ平均

f:id:preppjp:20200328170711p:plain

 

SP500

f:id:preppjp:20200328170752p:plain
 

日経平均

f:id:preppjp:20200328170821p:plain

 

USD/JPY

f:id:preppjp:20200328170901p:plain

※USD/JPYチャートは変動相場となった1971年以降

 

Gold

f:id:preppjp:20200328170931p:plain

原油

f:id:preppjp:20200328171010p:plain



 

-->